新型コロナウイルスの影響で修学旅行の「県内志向」が強まる中、花巻市の花巻温泉(安藤昭社長)で県内小中学校の受け入れが本格化してきた。

 2日は第1陣となる岩泉町の小川小が宿泊。予約は19校(同日現在)と昨年度の3校から大幅に増加した。感染リスクが比較的低い県内で、宮沢賢治や高村光太郎ら偉人ゆかりの地としてクローズアップされている。

 小川小は当初、公共交通機関を使って仙台方面を計画していたが、感染リスクを考慮し貸し切りバスで移動できる県内に変更。6年生12人が国語の授業で学んでいる賢治ゆかりの地を巡った。