県内で新型コロナウイルス感染症が相次いで確認される中、北上市の塗装業walk(ウォーク、岩下一樹社長)が今月、感染予防に有効とされる新たな抗除菌塗料の塗布サービスに乗り出した。

 全国では病院や学校からの引き合いが強いが、東北で扱う事業者は同社のみ。地域と共にある地場企業としてコロナ禍にある県民の命を守るため、公共施設の施工を格安で請け負いながら、県内全域への普及を促す。

 この塗料は岡山県の企業が開発した「グロスウェル」。コロナを消毒する界面活性剤を含み、経済産業省がコロナ感染防止に有効と評価した。塗布後1時間ほどで乾燥し、1年間効果が持続する。