県は3日、新型コロナウイルスの感染が確認された奥州市勤務(県外居住)の会社員男性3人の関連で、職場関係の接触者3人にPCR検査を行い、全て陰性だった。

 接触者3人は感染した中部地方の20代男性と同市の建設現場内の休憩室を共にしていた。県は一連の濃厚接触者5人と接触者11人全ての検査を終え、全て陰性を確認した。

 感染者3人は同市水沢佐倉河で奥州金ケ崎行政事務組合のごみ焼却施設基幹改良工事に携わる作業員。