西和賀町は、町内の旅館利用者がレジオネラ菌感染で死亡した問題を受け、10月開始予定だった宿泊割引事業を延期する。町内の全入浴施設で緊急の水質検査を行い、安全を確認した上で時期を判断する。

 宿泊割引事業「にしわがの宿に泊まろうキャンペーン」は新型コロナウイルス感染症に伴う町の経済対策。来年3月末まで、町内の宿泊施設を利用する東北6県と新潟県の住民を対象に、宿泊費を1人当たり最大4千円割り引く。