2020.09.30

雄星、手応えつかんだ2年目 球速、球質に自信

9月25日のアスレチックス戦に先発し、6回無失点だったマリナーズ・菊池雄星=オークランド(ゲッティ=共同)
9月25日のアスレチックス戦に先発し、6回無失点だったマリナーズ・菊池雄星=オークランド(ゲッティ=共同)

 米大リーグはレギュラーシーズンを終えた。マリナーズの菊池雄星(花巻東高)は収穫と課題が明確となったメジャー2年目だった。9試合で2勝4敗、防御率5・17の成績は振るわなかったが、フォーム改造により球速と球質がアップし、メジャーのマウンドに長く立つための手応えはつかんだ。

 最終登板後の会見では、収穫と課題を的確に分析し、来季への意気込みを力強く語った。

 ◇       ◇

 詳報は30日付岩手日報本紙をご覧ください。

 

定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙   電子新聞