山粧い始める!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

稜線の紅葉1

 前回22日に入山してみて紅葉の色づき状態を見ましたが、気温の高さもあり遅れを感じてきました。ようやくミネザクラやツツジ類、カエデ類の一部に彩りを見ました。

 その後は天候が悪く入山できないでいましたが、今週は晴れ日も多く、また気温の低下が見られたこともあり紅葉の適期としては早そうでしたが楽しみに入ってみました。

 当日の天候は気温は肌寒く、薄曇りから風、霧が出て来て、そして小雨その後晴れと目まぐるしく変化があり、その都度、着衣など着たり脱いだりと大変でした。やはり秋の天気です。

 さて、紅葉の彩りについては、掲載した写真をご覧いただければと思います。

 1300~1400メートル台の溶岩台地の一部の木々にも彩りが見られてきています。

 稜線のピークは今週末3日前後に来るものと思われます。その後は徐々に標高を下げながら里山へと移動していくと思います。私は、「山の粧(よそお)い」を通して、自然の四季の変化を感じることに喜びと幸福感を頂戴しています。とても感謝しています!

 中沼駐車場への林道は補修はしているものの相変わらず荒れておりますので、注意なさって走行していただきたいと思います。

稜線の紅葉2
稜線の紅葉3
稜線の紅葉4
稜線の紅葉5
ヌマガヤが草紅葉で粧われています!
美しいリンドウが咲く!
チングルマの草紅葉
泉水沼と焼石岳
中沼にも彩りが……!