大船渡市特産のサンマをPRする「さんまの日」(9月30日)にちなんだ「サンマ給食」は28日、同市内の小中学校8校で行われた。

 同市三陸町の越喜来小(鈴木直樹校長、児童79人)ではサンマのカレー煮が提供され、全校児童が地元の特産品を笑顔で味わった。

 平田晴己君(6年)は「サンマ給食を楽しみにしていた。いつもは焼いて食べるが、カレー煮も甘辛い味付けでおいしかった」と喜んでいた。