県内の芸能団体有志らによる公演「ヘンバイ祓(はら)い2020」は26日、北上市和賀町岩崎の鬼の館で行われた。大地を踏みしめて悪霊を退散させるヘンバイの所作を通じて、新型コロナウイルス感染症の収束を願った。

 県内の鬼剣舞、鹿踊り、神楽の計9団体が出演。疫病や凶作に見舞われるたびにヘンバイで平穏を祈念した先人たちの姿を重ねながら、笛や太鼓、かねに合わせて舞台を踏みしめた。