2020.09.26

健康研究重ね全国入賞 平舘高・家庭クラブ、大会初の3年連続

初の3年連続入賞を果たし、充実の表情を見せる家庭クラブ役員の3年生
初の3年連続入賞を果たし、充実の表情を見せる家庭クラブ役員の3年生

 八幡平市の平舘高(谷藤節雄校長、生徒164人)の家庭クラブは、第68回全国高校家庭クラブ研究発表大会の学校家庭クラブ活動の部で、全国家庭科教育協会賞(4位相当)を受賞した。高齢化の進む地域の健康寿命を延ばすことをテーマに掲げ、健康管理の手法を提言。大会初となる同一校の3年連続入賞となり、喜びをかみしめる。

 学校家庭クラブ活動の部には7校が出場。同校は「地域の健康長寿を願って!進化形『紫薫(しくん)枕』と『おげんき手帳』の取組」と題して、昨年研究した学校伝統の手作り枕「紫薫枕」の形などを改良し、健康を支える睡眠の質の向上に取り組んだ。