2020.09.26

秋雨に映えるヒガンバナ 北上で見頃

雨つゆにぬれ、しっとりと咲き誇るヒガンバナ=25日、北上市稲瀬町・如意輪寺
雨つゆにぬれ、しっとりと咲き誇るヒガンバナ=25日、北上市稲瀬町・如意輪寺

 25日の県内は低気圧の影響で雨となった。最高気温は36観測地点中35地点で20度を下回り、すっかり秋めいた。北上市稲瀬町の如意輪寺(菊地英宏(えいこう)住職)ではヒガンバナが雨にしっとりとぬれ、鮮やかに咲いている。

 今年は夏の暑さで、例年より1週間ほど遅い13日ごろ開花。25日は雨がしとしとと降り、参道の赤い花と、まだ緑濃い周囲とのコントラストが際立った。見頃は10月中旬まで。

 毎年夫婦で訪れる同市上野町の高橋孝さん(67)、文子(ふみこ)さん(68)は「雨の日は赤が一層映えて、とてもきれい」と目を細めた。

 盛岡地方気象台によると、26日の県内は低気圧や気圧の谷の影響で曇りや雨となる見込み。

関連リンク