台風12号は24日午後、関東の東で温帯低気圧に変わったが、三陸沖を北上し、県内は25日夜から26日にかけ大雨となる所がありそうだ。海は大しけとなる見込み。盛岡地方気象台は土砂災害や河川の氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、25日夜の初め頃から沿岸中心に1時間に30ミリの雨が降る見込み。24時間予想雨量は同日午後6時までの多い所で沿岸100ミリ、内陸70ミリ。26日午後6時までの多い所では沿岸100~150ミリ、内陸50~100ミリ。

 風は25日夕から強まり、陸上の予想最大瞬間風速は同日30メートル、26日は25~35メートル。海上は25日昼すぎから大しけとなりそうで、波の高さは25、26の両日とも7メートルと予想される。