【仙台支社】サッカーの第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第2日は23日、宮城県利府町のキューアンドエースタジアムみやぎなどで2回戦15試合が行われ、本県代表の富士大(16年ぶり2度目)は日本フットボールリーグ(JFL)所属のソニー仙台(宮城)を3-2で破り、天皇杯初勝利を挙げた。県勢は通算7勝目で3回戦進出は4大会ぶり。

 2回戦の残り1試合は30日に実施。3回戦は10月28日と11月11日に行われ、富士大は10月28日にラインメール青森と対戦する(会場未定)。