雫石町が18日に発売したクーポン券付き冊子「虹の似合うまち 雫石町エンジョイパスポート」がフリーマーケットアプリに高値で転売されていたことが分かった。発売初日に購入者が殺到して完売状態となり、禁止していた予約販売も行われるなど混乱した。

 パスポートは、新型コロナウイルス感染症で影響を受けた地域経済活性化が狙い。1冊500円で1万冊を販売。町内での飲食などで利用できる500円券3枚、宿泊やゴルフなどで使える2千円券2枚の計5500円分のクーポンが付く。購入は1人2冊までで町は業務委託した事業者に、店での予約販売はしないよう指示していた。