2020.09.19

観光栗園 10年ぶり再開 一関・花泉、19日から営業

10年ぶりの開園に向けて実りを確かめる小岩達さん
10年ぶりの開園に向けて実りを確かめる小岩達さん

 一関市花泉町の金沢(かざわ)生産森林組合(菅原弘毅組合長、493人)が運営する観光栗園は19日、10年ぶりに営業を再開する。害虫の被害に見舞われ休園していたが、地区住民ら組合員が樹勢回復に努め、十分な収穫が見込めるようになった。秋の味覚を楽しめる場所として、地域のにぎわい創出につなげる。

 開園は19~22日と来月3、4日の6日間。実りの良い木が多い4・4ヘクタールを開放する。午前9時~午後4時で、約4キロ詰め(千円)か約2キロ詰め(500円)の袋を購入する。

 問い合わせは同組合事務所(0191・82・1596)、開園期間は小岩さん(090・7070・4296)へ。