新型コロナウイルス感染症の影響で遠方の往来が自粛される中、釜石市小川町の酒造業浜千鳥(新里進社長)などはオンラインでインターンシップ(就業体験)を実施している。

 活動時間を融通しやすく、県外学生の中には参加へのハードルが下がったとの声も。受け入れ側も新鮮な視点を得られるなどメリットは大きく、実践型インターンの一つの在り方として期待は高まる。

 新里社長(62)は「来られないからこそできる仕事もある。時間がたつにつれ、意思疎通もスムーズになった」と好感触を得る。