大船渡市末崎町の漁業高渕司さん(47)と鮮魚販売業志田孝昌さん(35)は18日、同市大船渡町のキャッセン大船渡内に「ガガニコ食堂」をオープンする。

 ともに百貨店やホテル勤務を経験し、東日本大震災後に帰郷した異色の経歴。地元市場から直送する魚介類を低価格で提供する市場飯が売り物で「大船渡の魚のうまさを広めたい」と意欲に燃える。

 地域活性化へ2人の思いがこもった一品が「大船渡の浜丼」。魚市場から直送される地元の魚介類をふんだんに使いながら500円(税別)と格安で販売する。

 営業時間は午前10時~午後3時、午後5時~同8時。木曜定休。問い合わせは同店(0192・47・5310)へ。