2020.09.16

世界遺産登録へ高まる期待 一戸・御所野遺跡 イコモス調査

御所野遺跡を巡るイコモスの調査員(左)。地元では節目の喜びと登録への期待が広がった=15日、一戸町岩舘・御所野縄文公園
御所野遺跡を巡るイコモスの調査員(左)。地元では節目の喜びと登録への期待が広がった=15日、一戸町岩舘・御所野縄文公園

 2021年の世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つ、一戸町岩舘の御所野遺跡で15日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)の現地調査が行われ、オーストラリア人の調査員1人が縄文の風景を今に残す遺跡の状態を確認した。