【東京支社】自民党の鈴木俊一衆院議員(岩手2区)は15日、約1年間務めた党総務会長を退任した。東京・永田町の党本部で開かれた臨時総務会であいさつし「1年間、総務会をつつがなく、円満に運営できた。総務各位のご理解、ご協力のたまものです」と感謝した。

 総務会は党大会、両院議員総会に次ぐ、いわば常設の党の最高意思決定機関。重要法案や総裁選実施方法などについて活発な議論が行われた。

 「激しい議論があっても、決まれば従うのが自民党の良き伝統であり強み。その伝統を心に置き、みんなが納得でき、従える結論を見いだすように運営してきた」と振り返った。