岩手町五日市の沼宮内高(千葉雅彦校長、生徒120人)の2、3年生8人は、立体映像を投影する「プロジェクションマッピング」を活用し、同町五日市の石神の丘美術館をPRする動画を制作した。13日は同美術館で上映会を開き、成果を確認した。

 動画は約8分で▽町の歴史▽伝統芸能▽自然-の三つをテーマに制作。動画制作は、今月リニューアルオープンした同美術館の魅力向上を図ろうと初めて企画。動画投稿サイト「ユーチューブ」に今月末ごろ投稿する予定だ。