【秋田県大仙市で運動部・小田野純一】北東北大学野球秋季リーグ1部は13日、秋田県大仙市の太田球場で3試合が行われ、首位の富士大は八戸学院大を八回コールド7-0で下し、開幕からの連勝を7に伸ばした。2位とのゲーム差を3に広げ、優勝に王手をかけた。岩手大はノースアジア大に降雨八回コールド4-5で敗れて7連敗。

 富士大は19、20日に遠野市の遠野運動公園球場で2位青森大と対戦。1勝すれば2018年秋以来の優勝が決まる。