盛岡市開運橋通 三浦 テフ子さん(77)

 大槌町出身で東日本大震災時は釜石市に住んでいた。市街地が水没し、津波で流された車が重なり合うなど信じられない被害だった。ライフラインが止まり、食料の確保やトイレに苦労した。最近は大雨の被害も多い。災害時はびっくりして動けないことが多いので、避難訓練に参加するように心掛けている。自分の身は自分で守る意識が大切だ。