岩手大の大学発ベンチャー、イノベーションラボ岩手(盛岡市上田、村上勝俊社長)は、県内の学生や社会人を対象とした「いわてイノベーションスクール」を開講している。昨年度まで同大を中心に取り組んだ起業家や地域リーダーを育てる事業を継承。身近な地域の課題を通じて課題整理力や解決力を養い、起業や革新を起こす企業家精神のある人材育成を図る。

 同スクールは同市上田の市産学官連携研究センターを拠点に、8月下旬から毎週土曜日に開講。来年2月までの計15回、思考力講座や、各分野のリーダーの講演による社会環境の学びなどを通じ、最終的にビジネスプランをつくり上げる。

 問い合わせは同社(info@iliwate.co.jp)へ。