県内で保護した犬猫の譲渡活動が、新型コロナウイルス感染症の影響で滞っている。

 保護団体が開く譲渡会は県内で感染が確認されて以降、来場者が激減し、会場の確保にも苦労。春の出産期に保護した犬猫の譲り渡しが進まない一方、保護の依頼は相次ぎ、新たな受け入れができない状態だ。

 対面での「出合い」を大切にする各団体は、コロナ下で感染予防を徹底し、小さな命の引き受けを呼び掛ける。