第24回黄金の国陶芸展(一関地方物産振興協会主催)は12日、一関市千厩町千厩の千厩酒のくら交流施設で始まった。個性あふれる作品が並び、来場者を楽しませている。14日まで。

 県南部と宮城県北の陶芸家8人が出展。温度や焼き方によって色合いが異なる食器や花瓶、小物などを展示即売している。

 午前10時~午後5時(最終日は同4時)。入場無料。問い合わせは同施設(0191・53・2070)へ。