紫波町佐比内の産直・紫波ふる里センター(松坂一郎組合長)は、毎年恒例の「かかしまつり」を開いている。疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」や話題の人物、タレントなどをかたどった83体を展示。10月25日まで。

 今年は「コロナに負けるな」がテーマで、組合員が作ったものが多くを占める。

 今月22日には大賞を決める人気投票を行う。受付時間は午前9時~午後3時。投票者には餅や菓子が配られる。