たおやかに秋へと!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

縦走コースにも少しずつ季節感が出てきました!

 本日は中沼登山口から銀名水、姥石平、泉水沼、東焼石、六沢山・縦走路、金名水・直登路、中沼登山口へと一周するコースを辿ってみました。

 登山道上に見られる花は、エゾオヤマリンドウ、オニシオガマ、オクトリカブト、ミゾソバ、アキノキリンソウ、オトギリソウ、ウメバチソウ、ダイモンジソウ、ハクサンイチゲ、ハクサンフウロ、シロバナトウウチソウ、エゾクロクモソウ、クロバナヒキオコシ他、まれに、ミソガワソウ、アカバナ、フキユキノシタ、タカネセンブリなどが見られました。

 7日に入山した時より、わずかながら秋色へと進んでいるようにも感じられました。縦走コースは次の連休頃には秋色に染まってくることと思われます!

 たおやかに進む季節の移ろいを感じ取りながら帰路へと向かいました。

初秋の縦走路を六沢山に向けて行く!
銀明水のナナカマドが色付きはじめました!
たおやかに変化する季節感!
実も付けて色付きはじめたオオカメノキ!
小川のかんざしみたいに飾られたダイモンジソウ!
間もなく旅立つミヤマハンショウヅルの種子達!
シロバナトウウチソウ?随分赤みが強いですね!
優しい感じのオニシオガマでしょう!
曙の空の白みに小さな斑点を暁星に見立て蜜線に虫を呼ぶ曙草!