盛岡市材木町の上野法律ビジネス専門学校(久保田高永校長)は11日、法律行政学科の授業に岩手日報社のNIB講座「新トレ(新聞トレーニング)」を導入した。就職活動や生活に新聞を役立てるため、効率的な情報収集の仕方を学んだ。

 初級公務員・鉄道・郵政コースの1年生ら44人が受講した。岩手日報社の記者が講師となり、紙面は記事だけでなく見出し、写真、図表などで構成され、ニュース記事の重要な要素は1段落目に盛り込まれることを説明した。

 ネットニュースとは異なり、新聞はニュースの重要度に応じて見出しの大きさに差をつけており、総合、経済、スポーツなど分野ごとに各面に記事を振り分けている特徴も紹介。受講者は当日の紙面全体に目を通し、就職活動に役立ちそうな記事を切り抜き、グループ内で発表した。

 佐々木真菜果さん(18)は「新聞の読み方の基本を知ることができた」と理解を深め、三浦伊織さん(19)は「地元の岩泉町での就職を考えている。町の情報が載っている新聞をもっと読むようにしたい」と意欲を高めた。

 同校は本年度、総合ビジネス学科でも新トレを取り入れる予定。

NIB Newspaper in Business