二戸市上斗米の二戸西小(高畑由香里校長、児童18人)3~6年生10人は9日、同校で岩手日報社の出前講座を受講した。校外学習に備え、インタビューの方法やメモを取るこつを学んだ。

 児童は岩手日報こども新聞を読み、記事の構成を分析。記者が取材相手から詳しく話を聞き、記事にしていることを理解した。

 子どもたちは学びを踏まえ、2人一組で「あなたの宝物」をテーマに質問し合いメモを取った。大沢陽菜(ひな)さん(4年)は「校外学習で警察の仕事について詳しく聞きたい」、獅子内彩希(ししないさき)さん(6年)は「メモを取る時は、短い文でまとめればいいということが分かった」と振り返った。