各地自慢の食を集めた「第13回秋の全国うまいもの大会」は9日、盛岡市菜園のカワトクで始まった。お目当ての逸品を求める客でにぎわっている。15日まで。

 全国47社が出店。弁当や総菜、スイーツなど多彩な味がそろった。タルト専門店「○△□(マルサンカクシカク)」(大阪)、かにいなり「四喜」(島根)、元祖フィッシュカツ「津久司蒲鉾(かまぼこ)」(徳島)などが初登場。

 会場は出店数を減らして通路を広げ、検温するなど感染症対策を施した。午前10時から午後7時(最終日は午後5時)まで。