自民党県連(藤原崇会長)は31日、安倍晋三首相の後継を選ぶ党総裁選を巡り、党員・党友投票を行うよう党本部に要望した。実現しない場合、県連に配分される3票の投票先を決める独自の予備選も検討する。

 県連は同日、盛岡市内で常任総務会を開き、要望を決定。党本部の二階俊博幹事長に文書を提出した。内容は「両院議員総会による選考は国会議員票に比べて全国の県連票がわずかで、党員・党友の意向が反映されにくい。『開かれた党』をアピールすべきだ」などとしている。