2020.08.09

疫病退散、祈りの舞 北上・藤根地区郷土芸能団体

コロナ終息を願い、舞を披露する北藤根鬼っ子剣舞の子どもたち
コロナ終息を願い、舞を披露する北藤根鬼っ子剣舞の子どもたち

 北上市和賀町藤根地区の郷土芸能団体は8日、藤根地区交流センターで新型コロナウイルス感染症の終息祈願祭を行い、勇壮な舞を繰り広げた。

 北藤根鬼剣舞、長清水山伏神楽、下藤根さんさ踊の各団体メンバーは太鼓の音に合わせて疫病退散を願う舞を披露。小学生の踊り手も華やかな衣装に身を包み、躍動感ある剣舞を住民約100人を前に演じた。

 今年はコロナの影響で、同市の北上・みちのく芸能まつりなどのイベントが相次いで中止に。日々練習に励む子どもたちも1月以降公演の機会がなく、北藤根鬼っ子剣舞の八重樫春陽(はるひ)さん(和賀東小6年)は「みんなの前で踊れる機会はうれしい。練習の成果を発揮できた」と声を弾ませた。