盛岡市は8日、同市中ノ橋通のプラザおでってで、盛岡産黒毛和牛フェアを開き、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農畜産関係者の支援として地元食材の魅力をアピールした。

 飲食店など5店舗が黒毛和牛を使ったハンバーガーやステーキ丼などを販売。買い物客は列を作り、目当ての品を買い求めた。

 7月末に始まった販売促進キャンペーンの一環。市内14飲食店が参加し、対象メニューを食べた人に抽選で黒毛和牛や加工品を贈る。8月31日まで。キャンペーンの問い合わせは事務局(0120・623・706)へ。