県は8日、新型コロナウイルス感染が確認された久慈市の女児(10歳未満)の接触者8人にPCR検査を行い、全員が陰性だったと発表した。いずれも市内の医療機関スタッフ。同日の新規感染者はなかった。

 県によると、女児は6日に感染が確認された同居する20代会社員(休業中)女性の娘で、7日に帰国者・接触者外来で検査を受けた。感染症指定医療機関に8日入院した。

 女児は陽性判明前の6日、せき症状が出て医療機関を予約受診。施設や医師、看護師らの感染症対策は講じられていたが、万全を期して検査を行った。

 母は7月28日~8月1日、関東地方の友人と県内数カ所を車で巡り、2日に友人と別れた。女児はこのうち4日間行動を共にした。