スポーツクライミングのリード・ジャパンカップ(JC)は9日、盛岡市の県営運動公園で開幕し、3日間の日程で行われる。2月のボルダリングとスピードのJCを制した女子の伊藤ふたば(TEAM au、盛岡中央高3年)が地元でJC3連勝を狙う。

 女子は47人がエントリー。東京五輪代表の野口啓代(TEAM au)、リードが得意な森秋彩(茨城・つくば開成高2年)が優勝争いの中心。伊藤は持久力を磨いており、地元開催の優位を生かしたい。

 新型コロナウイルスの影響で、国内の公式戦開催は約半年ぶり。感染防止対策により無観客で行われる。