県バス協会(田村清隆会長)は6日、盛岡市永井のいわぎんスタジアム駐車場で、新型コロナウイルス感染症防止対策をPRした。貸し切りバス事業が苦境に立つ中で、秋の観光シーズンを見越して安心してバスを利用してもらおうと企画した。

 県交通、県北バス(盛岡市)、富士モーターサービス(滝沢市)の3社が大型観光バスを並べた。車内でスモークを発生させ約5分で換気する実演のほか、車内のこまめな消毒や乗務員の体温チェックなど基本的対策も紹介した。