県は6日、新型コロナウイルス感染症の再拡大を踏まえ、お盆や夏休み中の移動について、発熱など体調不良時には控えるよう県民に呼び掛けた。高齢者と会う際や会食を伴う場合は特に慎重な行動を求めた。越境移動など一律の自粛要請は行わず、県外の感染状況に注意し、先方自治体の行動要請に従うよう促した。

 同日の県対策本部員会議で方針を決め、発信した。達増知事は会議後の記者会見で「1対1の2人だけ(の会食)でも注意が足りないと感染する」とし、移動先での対策徹底を求めた。政府の観光支援事業「Go To トラベル」については、県内をはじめ東北・新潟エリアの旅行を推奨する方針を改めて示した。

 一方で「帰省したくてもできない状態が半年以上続くのは極めて異常な事態。家族や地元の人に会わなければならないということはある」と、県外と往来する人への理解を求めた。