矢巾町は、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて初めて栽培が中止となった同町煙山の煙山ひまわりパークについて、会員制交流サイト(SNS)で写真の掲載を始めた。町内3カ所でパネル展示も予定し、盛夏のヒマワリ畑の散策気分を多くの人に味わってもらう。

 「ひまわりノスタルジア」と題した企画で、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックで1日に2~3枚、同パークの写真を紹介する。昨年までに撮影されたもので、町内外の人から思い出のエピソードとともに寄せられたカット。SNSに掲載する作品は募集中。問い合わせは同課情報係(019・611・2724)へ。