2020.08.04

「高原の花」で帰省気分を 西和賀産業公社、全国に発送

西和賀産のリンドウとユリを詰めた「高原の花ギフト」をPRする関係者
西和賀産のリンドウとユリを詰めた「高原の花ギフト」をPRする関係者

 西和賀町の第三セクター西和賀産業公社(社長・細井洋行町長)は、町特産のリンドウとユリを全国に送る「高原の花ギフト」の注文を受け付けている。新型コロナウイルス感染症の影響で、本県への帰省を控える動きがある中、古里の花で「帰省気分」を味わってもらおうとPRする。

 A、B、Cの3セットを用意。リンドウのみのAセット(3500円)、リンドウと白ユリ2本のBセット(5千円)、リンドウと白、ピンクのユリ各2本のCセット(6200円)から選ぶ。リンドウはいずれも20本入り。お盆用とお彼岸用があり、お盆用は5日まで、お彼岸用は9月11日まで受け付ける。

 同ギフトは、各地の特産品を発送する日本郵便の「ふるさと小包」を活用。県内の郵便局で注文する。