山田町長崎 海水浴場監視員 西川 寛幸さん(68)

 航空自衛隊員として勤務していた山田町に2年前に移住し、今夏は東日本大震災後に初めて海開きしたオランダ島海水浴場の監視員を務める。以前の美しい島の姿を知っているだけに震災後の景色に衝撃を受けたが、地元住民や多くの人の強い思いが復活につながった。同島は山田の魅力を発信できる素晴らしい観光・交流拠点。みんなが楽しめるよう安全を守りたい。