新型コロナウイルス感染症の影響で中止された盛岡秋まつり・盛岡八幡宮例大祭(9月13~16日)山車巡行の代替事業「大桜・小桜づくりワークショップ」は29日、盛岡市中ノ橋通のプラザおでってで始まった。市民が装飾用の桜を手作りし、施設内に展示している山車を飾った。今後は歴代ポスターの展示や小太鼓体験などを実施し、300年以上続くとされる伝統行事の雰囲気を感じてもらう。

 「特設山車・歴代ポスター・番付展」(9月1~22日)、「盛岡山車推進会・南部火消伝統保存会秘蔵品展」(同14~22日)、「小太鼓体験」(同12、13日)は、いずれもプラザおでってで開催する。

 問い合わせは同協会(019・621・8800)へ。