釜石市鵜住居(うのすまい)町 団体職員 岩城 一哉さん(33)

 釜石よいさ実行委のスタッフを務めている。新型コロナウイルスの影響で今年は中止となったが、昨年の参加団体の写真と「次の夏に会いましょう」とのメッセージを掲載したのぼりを市街地に設置した。「よいさ」の魅力は地元住民と外部の参加者が一体で盛り上げるところ。震災で途絶えたが2013年に復活させたように、コロナも乗り越えて伝統をつなぎたい。