北海道遠軽町 前島英資さん(83)

 戦時中、遠軽(えんがる、オホーツク管内)で父と共に働いていた馬を軍に供出することになりました。別れの日。母は家族の食料として取っておいたニンジンを全て愛馬に与え、父は最後に手綱を引いて記念撮影をしました。農家にとって馬は喜びも悲しみも分かち合う家族同様の存在ですが、軍にとっては兵器でしかありませんでした。

(北海道新聞提供)