バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)の岩手ビッグブルズは、矢巾町南矢幅の矢巾中サブ体育館を改修し、練習専用施設として利用する。これまでは盛岡市近郊の施設を転々としながら活動を続けてきた。今後は同町を拠点に練習を重ねる。

 老朽化に伴い雨漏りや床の変形が生じているため改修工事を経て、早ければ年内に利用を始める。ブルズは施設利用料として年間約300万円を町に支払い、町内の中学生対象にしたバスケ教室にも力を入れる。