6月に水が湧かなくなった盛岡市鉈屋町の「青龍水(せいりゅうすい)」に水が戻り、31日から使用可能となる。市民の生活用水として長く親しまれてきただけに、関係者は安堵(あんど)している。

 近くでスーパーを営む川鉄商店の吉田鉄造代表取締役(57)によると、関係者で水枯れの原因究明を進める中、老朽化したポンプを11日に更新すると、水が再び湧きだした。市保健所に水質検査を依頼し、25日に基準をクリアしたとの連絡が入った。