大船渡市三陸町の越喜来地区でクマによる被害が相次いでいる。26日も住家に侵入される被害が発生し、8月18日から計8件に上る。同一の個体の可能性もあり、市は箱わなを設置して、大船渡署や猟友会と注意を促す。

 26日午前0時15分ごろ、同市三陸町越喜来の警備業男性(68)方にクマが侵入し、台所の生ごみをあさった。勝手口の扉を破り、侵入したとみられる。男性は不在で、妻が「家の中にクマがいる」と110番通報したが、大船渡署員の到着前に山中に逃げた。

 クマの被害は23日から4日連続となった。多くの住家で冷蔵庫があらされ、同じ個体の見方もある。