両脚を肩幅に開き、壁に背をつけて立つ。このときかかと、尻、背中、肩、頭、両肘が壁についているかチェックしよう。その姿勢で片脚を上げ、太ももが床と平行になるくらいまで膝を上げよう。姿勢がよくなり、股関節前面部周辺の筋肉に刺激を与えるよ。