全国地ビールフェスティバル一関実行委員会(佐々木賢治会長)は22日、一関市田村町の世嬉(せき)の一酒造クラストンで、初の動画配信イベントを開いた。新型コロナウイルス感染症の影響で、例年のような集客イベントを取りやめた同フェスを来年の開催につないでいこうと、全国の地ビールファンに魅力をPRした。

 フェイスブックと動画投稿サイト「ユーチューブ」を通じ、市内の飲食店29店舗を巡るスタンプラリー形式で31日まで開催している同フェス参加店舗からの生中継や、全国の地ビールブルワリーから寄せられたメッセージ映像などを約2時間にわたり配信した。