盛岡市北松園の北松園中(小石孝紀校長、生徒135人)吹奏楽部は22日、同校体育館でサマーコンサートを開いた。新型コロナウイルス感染症の影響で発表の場がない状況が続く中、部員18人が一体となって準備。観客を保護者に絞り、活動を支えてくれた感謝の思いを込めて元気あふれる演奏を届けた。

 保護者35人が集まり、コロナ対策として席と席の間隔を空け、マスクを着用してもらい開催。最初に7月の全日本吹奏楽コンクールで演奏予定だった「クレスト・オブ・ノビリティ」を披露した。