陸前高田市高田町の商業施設アバッセたかたに飲食店「かいひん食堂」がオープンした。道の駅高田松原にあるまつばら食堂の姉妹店で、海の幸を使ったメニューが味わえる。

 まつばら食堂を広田湾漁協と共同運営する同市の食彩工房(斎藤政英代表取締役)の社員千葉広子さん(60)が代表者を務め、専門店街正面入り口近くの空きテナントで20日に営業を始めた。

 メニューはまつばら食堂とほぼ同じで磯ラーメン(880円)、海鮮丼セット(1200円)、鮭(さけ)親子丼セット(1500円)など。中高生向けにみそ、しょうゆの各ラーメンを500円で提供し、塩ウニおにぎり(280円)も人気だ。

 営業時間は午前10時~午後4時。木曜定休。