岩手大人文社会科学部の学生らは20日、盛岡市の肴町商店街アーケード内の路面に妖怪の足跡をかたどったシールを貼った。新型コロナウイルス感染症の影響を受ける商店街に客足が戻るよう願いを込めた。

 同大の地域課題解決プログラムの一環。肴町商店街振興組合青年部(高村健人会長)や学生、小学生ら約20人が参加。全長365メートルに学生がデザインした3種類の足跡シールを50センチ間隔で貼り付けた。

 ルートは「DIYクリエイティブ」「くいしんぼう家食」「美容と健康」の3コース。代表店を回れるように設定した。

 指導した田中隆充教授(51)は「自分のデザインが実際に活用されるのを見れば喜びとなるはず」と見守っていた。